スポンサーリンク
スポンサーリンク

【Word Pressの基礎知識】サイトやブログの読込速度の計測方法と画像を最適化して高速化する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【初心者でもできる!Word Pressサイトの高速化】WordPress / パソコン豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

<strong>ポイント</strong>
ポイント

この記事では、

サイトやブログの読込速度の計測方法と

画像を最適化して高速化する方法

を調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サイトやブログの読込速度の計測方法

サイトやブログの読込速度を計測する為に使うWEBサイトは?
  • Page Speed Insaights
  • 「Web Page Test」
  • 「Google Analytics」

などがあります。どれも無料で簡単に利用できますが

主に、読込速度を点数で表示してくれてわかりやすい

Googleの「Page Speed Insaights」は、

サイトやブログの読み込み速度やパフォーマンスなどを調べるのに

一般的によく利用されています。

 

使い方も簡単で、調べたいURLを入力するだけです。

 

Page Speed Insaights
「Web Page Test」
「Google Analytics」
スポンサーリンク

画像を最適化して高速化する方法

サイトのスピードが遅くなる原因は、いろいろありますが

一番簡単に改善する方法は、写真などの画像を圧縮軽量化する事です。

画像などはデータ容量が多いので、データ容量を抑えて、軽くすることで

初心者でも簡単にサイトの圧縮軽量化が出来ます。

画像の圧縮軽量化は、Googleでも推奨されています。

 

そこで、初心者でも簡単に画像の圧縮軽量化ができる手段として、

「Wordpressプラグイン」「画像を圧縮できるサイト」をご紹介します。

 

改善:WordPressプラグインを使って、画像を最適化して軽くする

使用するのは、以下のWordpressプラグインになります。(インストール➔最適化)

EWWW Image Optimizer

Imagify

■Smush

■WebP Converter for Media

WebP Express

※不具合の原因になるので、画像圧縮プラグインは、1つのサイトに対して複数使用しないで下さい。

※初心者でも簡単に画像ファイルを最適化して圧縮・軽量化できます。

 

EWWW Image Optimizer

アップロードするたびに自動で圧縮軽量化をしてくれるので手間がかかりません。

サイト内にある画像も一括で圧縮軽量化できます。

画像の圧縮率は低めです。

 

 

Imagify

ワンクリックで簡単に画像の品質を損なうことなく画像を最適化してくれます。

画像の圧縮率は高いです。

画像圧縮は、ノーマル、アグレッシブ、ウルトラの3つがあります。

毎月20MBの無料画像(約200枚)を最適化できます。WebPは無料で変換できます。

 

 

Smush

画像を圧縮して最適化できます。

ほかにも遅延読み込みをオンにしたり、サイズを変更したりなど機能が豊富。

月間制限なし–最大5MBのサイズのすべての画像を最適化し、永久に無料です。

画像の圧縮率は低めです。

 

 

WebP Converter for Media

jpeg / png/などの画像をWebPに変換してくれます。

Webサイト自体の読み込みが速くなります

プラグインをインストールすると、ワンクリックで画像を最適化できます。

 

 

WebP Express

jpeg / png画像をWebPに画像を変換してくれます

Webサイト自体の読み込みが速くなります

 

 

改善:WEBサイトを使って、画像を最適化して軽くする

使用するのは、以下のWEBサイトになります。

TinyPNG

Compress PNG Images Online

squoosh

※WEBサイトではプラグインを利用する圧縮率が高いので、より軽量化できます。

 

TinyPNG

 

 

Compress PNG Images Online

 

 

squoosh

 

 

これが便利!!

Googleの「Page Speed Insaights」では、

サイトやブログの読込速度の計測と同時に改善するところも教えてくれます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました