スポンサーリンク
スポンサーリンク

【共有フォルダの作成】つながらない、アクセスできない時の対処法をわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク
共有フォルダの作成WordPress / パソコン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

<strong>ポイント</strong>
ポイント

この記事では、

【共有フォルダの作成】つながらない、

アクセスできない時の対処法をわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

対処① 「SMB1.0/CIFSファイル共有のサポート」設定の確認

「スタートメニュー」「Windowsシステムツール」「コントロールパネル」をクリックします。

コントロールパネルで「プログラムと機能」をクリックします。

メニュー左側上にある「Windowsの機能の有効化または無効化」 をクリックします。

Windowsの機能で「SMB1.0/CIFSファイル共有のサポート」にレ点チェックを入れます。

「OK」を押してから「再起動」してください。

これで、「SMB1.0/CIFSファイル共有のサポート」の 有効化になります。

スポンサーリンク

対処② ネットワーク設定の確認

ネットワークの設定が「プライベートネットワーク」なっているのか?

確認します。

もしも、「パブリックネットワーク」になっていると、

そもそも共有することが出来ませんので、「プライベートネットワーク」

に変更する必要があります。順番に確認していきましょう。

「スタートメニュー」「Windowsシステムツール」「コントロールパネル」をクリックします。

コントロールパネルで「ネットワークと共有センター」をクリックします。

「プライベートネットワーク」になっていれば問題はありません。

アクティブなネットワークの表示が「パブリックネットワーク」になっていたら、

「プライベートネットワーク」に変更しましょう。

変更方法は、 [スタート]を右クリック「設定」をクリックします

「ネットワークとインターネット」をクリックします。

ネットワークの状態の「プロパティ」をクリックします

ネットワークプロファイルの「プライベート」にチェックを入れれば

「プライベートネットワーク」に変更できます。

スポンサーリンク

「共有の詳細」設定の確認

「スタートメニュー」「Windowsシステムツール」「コントロールパネル」をクリックします。

コントロールパネルで「ネットワークと共有センター」をクリックします。

メニュー左側上にある「共有の詳細設定の変更」 をクリックします。

プライベート(現在のプロファイル)の「ネットワーク検索を有効にする」

「ファイルとプリンターの共有を有効にする」にチェックが入っている事を確認します。

チェックが入っていなければ、チェックを入れて下さい。

次に「すべてのネットワーク」の右側をクリックして展開します。

その中の「ファイル共有の接続」の

「128ビット暗号化を使用してファイル共有の接続を保護する(推奨)」

にチェックが入っているか確認して、入ってなければチェックして下さい。

以上で「共有の詳細」設定の確認を終了します。

スポンサーリンク

フォルダーの共有設定 違う方法を試してみる

共有に使用するフォルダーを右クリックして、

「アクセスを許可する」「特定のユーザー」をクリックする。

「Everyone」をクリックして、「追加」をクリックする。

「読み取り」「読み取り/書き込み」をクリックする

※読み取りだけで使用するのか?書き込みもできるようにするのか?を選択する。 

決定したら、「共有」をクリックする。

「ユーザーのフォルダーは共有されています。」を確認したら

「終了」をクリックする

これで共有ファイルの設定は終了です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました