スポンサーリンク
スポンサーリンク

【グーグルマップのストリートビューを埋め込む】ストリートビューをWebサイトやブログに埋め込む方法をわかりやすく解説します(^_-)-☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク
WordPress / パソコン豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

Webサイトやブログにストリートビューが埋め込まれていると実際にその場所に

行ったように、雰囲気がイメージしやすいと思います。

さて、どういう風にやればよかったかな?

という時にこちらをご覧ください。

<strong>ポイント</strong>
ポイント

この記事では、

HPやブログにグーグルマップ

のストリートビューを埋め込み

表示させる方法

をご案内します。

関連記事  【グーグルマップの地図を埋め込む】をわかりやすく解説します

関連記事 【3分でわかる♪YouTube動画の埋め込み】をわかりやすく解説します

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストリートビューを埋め込み表示させる方法

①Googleマップを検索して、表示します。

②左上の検索窓に、埋め込みたい場所を入力します。

入力出来たら、”左の虫眼鏡(検索)” します。

③目的の地図が表示されたら、右下の ”人形マーク” を

左クリックしながら、目的の場所までで移動させて(ドラック)

道路部分の上で離します(ドップ)

④ストリートビューの画面になりましたら、”⋮ ”の記号をクリックして下さい。

そうするとウインドウが出てきますので、”画像共有または埋め込む” をクリックして下さい。

⑤”地図を埋め込む”を選択して、埋め込むサイズを選びます。

左側の▼を押すと、小、中、大、カスタムサイズの

ウインドウが出てきますの埋め込みたいサイズを選択します。

小サイズ(400X300)

中サイズ(600X450)

大サイズ(800X600)

カスタマイズ(自分で画像サイズを決めれます)

⑥埋め込む画像サイズが決まれば、”HTMLをコピー”すると

クリップボードに埋め込みコードがコピーされます。

⑦コピーした埋め込みコードをHPやブログの埋め込みたい場所に埋め込みます。

地図を埋め込む場所で【テキスト】を選択して、貼り付け(ペースト)して下さい。

これで、ストリートビューを埋め込む事が出来ます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました