スポンサーリンク

【Word Press】記事を間違えて消してしまった場合の復元方法(自分でバックアップしてない場合)

スポンサーリンク
ブログ運営情報
スポンサーリンク

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

ワードプレスの記事を誤って消してしまって、あわてた経験はありますか?

私はあります・・・。

先日、カテゴリーを整理していて、記事の仕分けをしている時に

新しいカテゴリーに移動させてから、やっぱりやめようと新しいカテゴリーを消したら、

その中の記事(20記事くらい)も全て消えてしまいました・・。

「はい。頭の中もマッシロにナリマシタ・・・。」

「ヤバイ、やってしまった!!」「記事が消えてしまった・・・。」

抜け殻のような状態になりました・・・。

でも、なんとか全部の記事を復元することが出来ました(*^_^*)

<strong>何とかしたい</strong>
何とかしたい

この記事では、

ワードプレスで作成した記事を間違えて消してしまった時

の復元方法をご案内します。

なんとか復元できないか?と色々調べて、見つけた方法を

まとめてみましたので、良かったら参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

Googleのキャッシュを元に復元する方法

Googleで自分の記事を検索します。

記事があれば、その記事の「キャッシュ」をクリックします。

画面上部に「フルバージョン」「テキストのみのバージョン」「ソースを表示」がでてきます

このデータをもとにして、コピペして復元します。

1つや2つの記事の復元の可能性はあります。私はダメでした・・・。

スポンサーリンク

ゴミ箱に入った投稿記事を復元する方法

ワードプレスの画面左側の「投稿」➔「投稿一覧」をクリックして下さい

「ゴミ箱」をクリックして下さい

復元したい記事のボックスに「レ点」を入れて、「復元」を選びます。

「適用」を押せば、記事は復元されます。

私の消した記事は、ごみ箱にすらありませんでした・・・。

スポンサーリンク

サーバーのバックアップを利用して復元する方法(エックスサーバー)

私が契約しているエックスサーバーでは、

サーバーデータを毎日1回自動で保存してくれる「自動バックアップ」機能が

全プラン標準で対応しています。それも【初期費用/月額費用】無料です!!

データ保持期間は、「過去14日分」のデータを保持してくれます。

 

▼エックスサーバーの公式サイトはこちら▼

法人・企業様のニーズに特化したレンタルサーバー【エックスサーバービジネス】
「エックスサーバービジネス」は、高速環境を基幹として法人・企業様向けの様々な機能やサービスを提供するレンタルサーバーです。ビジネスの機会損失を防ぐ安定・快適のサーバー環境と、各種設定の無料代行をはじめとする安心のサービス・機能でお客様のビジネスを強くサポートします。

 

エックスサーバーに「ログイン」して下さい

ログインしたら「サーバー」の「サーバー管理」をクリックして下さい

「データベース」の「My SQL復元」をクリックして下さい。

「自動バックアップから復元」を選び、「復元したい日付を選択」して、

「復元」をクリックして下さい。(日付は、復元したい日を選んで下さい)

内容を確認して、「復元する」をクリックすると復元が始まります

復元中はこの画面になります

復元状況を確認する為に「自動バックアップ復元履歴」をクリックします

「正常終了」しました

以上で復元作業は終了です。お疲れさまでした。

実際に自分のサイトで確認すると、前日までの状態に復元されていました。

エックスサーバーで良かったと思いました。

スポンサーリンク

復元方法 まとめ

今回は、記事復元でも簡単な

「Googleのキャッシュを元に復元する方法」

ゴミ箱に入った投稿記事を復元する方法

サーバーのバックアップを利用して復元する方法を案内させていただきました。

エックスサーバーは、ドメイン永久無料&初期費用0円など

年に何度かキャンペーンをやっていますので、

お得にレンタルできる時を利用したら、結構お値打ちになります。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

コメント

タイトルとURLをコピーしました