スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【WordPressの基礎知識】ブログで収入を得る為の「仕組み」と「広告収入」の種類は、ご存じですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ運営情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

自分のブログで収入を得るためには、どうしたらいいのか?

まずは、ブログで収入を得る為の仕組みと具体的な方法を

ご説明します。

 

<strong><span class="bold-red">ポイント</span></strong>
ポイント

この記事では、

・ブログ収入の仕組み

・広告収入の種類

を説明します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログ収入の仕組みとは

企業は、TVCMやラジオ、看板、チラシなど広告を出して

自社の商品を販売したり、自社を宣伝して、企業価値をあげようとします。

ブログもその広告媒体の一つで、よく見られるブログには企業が広告料を払って、

広告を掲載します。

その広告料が、ブログでの収入になります。

 

企業 ⇔ 仲介業者 ⇔ ブログ運営者

 

具体的には、ASPと呼ばれる仲介業者を通して、

企業様と提携して、広告を自分のブログに載せます。

 

スポンサーリンク

広告収入の種類

広告収入の種類は、大きく分けて4つあります。

インプレッション(表示型広告) 難易度 低い 単価 安い

アドセンス(クリック型広告) 難易度 低い 単価 やや安い

アフリエイト(成果報酬型広告 難易度 やや高い 単価 案件によりかわる

・固定掲載型広告 難易度 高い 単価 高い

 

実際には、

アフリエイト と アドセンス がブログ収入の大きな柱になります。

 

スポンサーリンク

インプレッション(表示型広告)

広告が表示された回数に応じて、宣伝費として報酬が入る仕組みは、

インプレッションと呼ばれています。

 

ユーザーがブログを見て、自然と広告を表示させることによって報酬が発生します。

広告の表示回数に応じて報酬がもらえます。

単価が安いのでアクセスPVが多い人向き。

  

スポンサーリンク

アドセンス(クリック型広告)

広告を見てもらう(クリックしてもらう)ことで宣伝費として収入が入る仕組みは、

アドセンスと呼ばれています。

 

ユーザーが広告をクリックすることによって報酬が発生する。

➡広告のクリック数に応じて報酬がもらえます(1クリック✖○○円)

 

代表的なアドセンス会社は、

グーグルアドセンス

忍者AdMax

i-mobile

など

 

スポンサーリンク

アフリエイト(成果報酬型広告)

広告を見て、商品を買ってもらえると手数料として収入が入る仕組みは、

アフリエイトと呼ばれています。

 

ユーザーが広告をクリックして、商品やサービスを購入することで報酬が発生します。

➡購入した場合のみ報酬が発生します。 費用対効果が高いと言われています。

 

具体的には

アフリエイトで収入を得るためには、まずASP(仲介業者)さんに登録して

様々な企業様と提携して、自分のブログに広告を載せます。

その商品やサービスが購入されたら、報酬が発生します。

 

代表的なASP(仲介業者)会社は、

afb(株式会社フォーイット)

Felmat(株式会社ロンバート)

エーハチネット(株式会社ファンコミュニケーションズ)

もしもアフィリエイト(もしも)

レントラックス(株式会社レントラックス)

TCSアフィリエイト(株式会社東京コンシューマーシステム)

Amazonアソシエイト(アマゾン ジャパン株式会社)

などなど。

 

スポンサーリンク

固定掲載型広告

広告を掲載している期間に応じて、宣伝費として収入が入る仕組みは、

固定掲載型広告と呼ばれています。

 

広告主(企業)や仲介業者(ASP)から固定費で支払われる為

安定した収入になりますが、実績や人気がないと広告依頼がこないので

なかなか難しい案件になります。

 

ブログ収入の仕組みと広告収入の種類を説明させて頂きました。

この記事が何かしらの参考になれば、いいかなと思います。

まずは、いろいろ試してみて、自分に合ったブログ収入を見つけて

収入UPを目指してみたら良いと思います(^_-)-☆

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました