スポンサーリンク
スポンサーリンク

【Gショック 電池交換】 =海外モデル=Gショック DW-9052自分で電池交換にチャレンジした結果・・・!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ライフスタイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

いつも、ご覧いただき、ありがとうございます。(^^)/

 

Gショックをネット購入してから、ずっ~と電池交換せずに使用してましたが

最近、バックライト点灯ボタンを押すと消えるようになったので

電池交換をしようと考えました。

 

▼電池交換か?新しく購入するか?▼

普通なら、時計店やホームセンターなどにお願いしますが

今回は、自分で電池交換にチャレンジしてみました。

 

(自分で電池交換にチャレンジするのは自己責任でお願いします)

 

そもそもメーカーでの電池交換は、どういう流れかというと

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

メーカーでの電池交換の対応 日数は・・・

日数について

依頼品がカシオテクノに到着してから、約1週間から10日で修理完了し

カシオテクノより発送するそうです。

ただし、ダイバーズウオッチ(フロッグマン等)の場合、

防水性などを専用の特殊試験機で検査いたしますので

約2週間程度かかる場合があります。

※保守部品在庫状況によって修理日数が前後する場合がございます。

※上記日数には見積期間や弊社指定休業日は含まれておりません。

※カシオ持込窓口では60分ほどで電池交換作業を実施しているそうです。

2週間ほど日数は、かかるみたいです。 

 

スポンサーリンク

メーカーでの電池交換の対応 料金は・・・

料金は

電池交換料金(定額料金)   ¥3,000+税

普通の電池交換より、割高になります。

 

▼買った方が良い場合もありますので、新品価格をチェック▼

スポンサーリンク

自分で電池交換にチャレンジする時に 準備するもの

準備するものは

精密ドライバー と CR2016の電池 です。

ちなみに両方とも、100円均一で購入出来ました。

スポンサーリンク

自分で電池交換にチャレンジした結果、10分程度で交換できた。

まず、赤いマル と 青いマル にあるネジを外します。

プロテクトカバーとステンレスの裏蓋を外します。

意外とあっさりと外すことが出来ます。

 

裏蓋をはずすとこんな感じになってますので

次にグレーのカバーを取ります

 

電池は、この白いシールの真下にあります。

 

外すのは、赤丸のところからです。

 

ここが一番難しい所です。

がっちりと金具で固定されていますので

慎重に上の写真の赤丸のところを押します。(注意)

 

見づらいので、拡大します。

赤丸の部分の金具が上からカチッとというよりは

ガッチリ固定されています・・・。

でも、外れるときは、パカーンとあきます。

 

固定解除できたら、電池を交換して、逆の手順で、同じようにしまっていきます

ふつうGショックは、電池交換しただけでは、電源が入らないんですが

海外モデルだからなのか? そのままつきました。

 

※ふつうのGショックは、電池を入れ替えた後に短絡(リセット)させないとつきません。

無事、自分で電池交換をすることが出来ました(^_-)-☆

スポンサーリンク

その後

報告までに

電池交換してから、半年以上経ちましたが

特に、「バックライトが消える」とか「防水機能が無くなった」などの

不具合やトラブルはありせんでした。

▼夏に向けて、白いGショックを探しませんか?▼

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました