スポンサーリンク

【ぱちんこ内規運用の改定】総量計算の変更で小当たり性能UP!!実際には2021年4月導入の機械から!?

スポンサーリンク
パチンコ情報
スポンサーリンク

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

関連記事【ぱちんこ・スロット】最新情報!! 2021年4月度+噂・・・!?

関連記事【P牙狼9 月虹ノ旅人】大人気ぱちんこの最新作がいよいよ登場?!ホール導入は、4/19~!?

関連記事【ぱちんこ・スロット】気になる Pスーパー海物語IN沖縄5LTA のスペックを調査しました。

スポンサーリンク

ぱちんこ内規運用の改定とは?

ぱちんこ内規運用の改定があったみたいですので、ご案内します。

そもそも内規運用の改定!?って、業界用語みたいですが、簡単に説明すると

内規運用の改定は、自主規制している機械の性能を、

ココまでなら作ってもいいよっていう規制の解釈を改定することです。

内規とは?

その組織の内部だけで適用することを目的とした規則。

それに従って、メーカーは機械を作ります。

そして、保通協に機械を持ち込んで、機械の型式試験を受けます。

無事、型式試験に適合したら、販売されます。

 

その期間は、機械を保通協に持ち込んでから概ね半年ぐらいかかります。

 

スポンサーリンク

2020年11月のぱちんこ内規運用の改定は?

かなりざっくりした感じの説明になりましたが、

2020年11月2日(月)の保通協申請分から

【総獲得遊技球数の期待値の計算方法の改定】がありました。

簡単に言うと、総量計算の変更がありました。

 

総量計算の変更をした事で、何が、どう変わるのか?

気になるところですが、把握している情報では、変更点は2つ。

総量計算の変更>
  • ①小当たりRUSH突入時の総獲得球数の計算方法を払い出し玉数から差玉数に変更
  • ②確変ループ機とST機の格差の是正
①補足

変更前 総獲得球数の計算方法払い出し玉数

変更後 総獲得球数の計算方法差玉数

②補足

変更前 初回を含まず、獲得期待値が最も高い状態の獲得球数の総量が6400個未満

変更後 初回を含まず、各状態の移行率を加味した獲得球数の総量が6400個未満

小当たりは、ベースを含まないようになる。

モードTYの上限変更 確変ST機➔総量UPになる。

 

つまり、小当たりの場合、通常ベース分のセーフが

小当たり性能にプラスされるイメージです。

 

確変ST機も獲得できる出玉総量の上限があがりますが、

確変ST機 約7900個 ➔ 約9000個

今回の総量計算の変更では、

小当たりRUSU機の上限幅の方が大きくなります。

小当りRUSH搭載 約7900個 ➔ 約11000個

1種2種混合機などは、そのままです。

1種2種混合機 約7200個(変更なし)

今後の小当たりRUSH機には、期待できるかもしれません。

実際に市場に出回るのは、2021年4月ごろからと思われます。

スポンサーリンク

モードTYとは?

初当りが確変のTYの事です。

ちなみにTYは、特賞中の平均獲得出玉になります。もう少しかみ砕いてみると

大当たりした時に期待できる平均出玉がTYになります。(通常時以外の特賞中、時短中の差玉)

ですので、最初から確変のモードTYは、平均よりも上回る期待値になります。

 

※独自調査の為、詳細はご確認お願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました