PR
スポンサーリンク

【スロット6.6号機】2024年8月以降、6.6号機が登場するので調査しました。

ぱちんこ最新情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

<strong>ポイント</strong>
ポイント

この記事では、2024年8月以降に

【6.6号機】が登場するという事で調査致しました。

6.0号機が2018年9月から導入され、

2022年6月から導入された6.5号機に至るまで、

有利区間のゲーム数や有利区間ランプの点灯ルール、

有利区間内における最大獲得枚数が差枚に変更など、内規の緩和がありました。

さて今回の6.6号機は何が緩和されたのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

6.5号機から6.6号機への変更点

メダル機(S機)の有利区間が4000ゲームから6000ゲームへ変更になります。

◆有利区間のゲーム数上限◆ 変更あり

6.5号機→4,000ゲーム  スマスロ→無制限  6.6号機→6,000ゲーム

◆有利区間の枚数上限◆ 変更なし

6.5号機→差枚2,400枚  スマスロ→差枚2,400枚  6.6号機→差枚2,400枚

◆コンプリート機能搭載◆ 変更なし

6.5号機→一部搭載  スマスロ→搭載  6.6号機→搭載

◆有利区間ランプの点灯◆ 変更なし

6.5号機→任意  スマスロ→任意  6.6号機→任意

スポンサーリンク

6.6号機のメリット

有利区間のゲーム数が増える事で

今までのメダル機に比べて、初当たりが重くて波の荒い機械が作りやすくなります。

又、有利区間を切らずに継続させやすくなる為、

吸い込んだ差枚をより生かせる仕様の機械を作りやすくなります。

スポンサーリンク

6.6号機とスマスロでは?

スマスロの優位性は変わらないが、

今後導入されるメダル機(S機)にも可能性があるという事。

スマスロ(L機)は、有利区間が無制限!! でも差枚2,400枚の規制は変わらない。

スマスロ機(AT機)では、

有利区間が切れたら上位ATに入るトリガーを持った高単価機が市場では人気です。

スポンサーリンク

6.6号機の型式試験は、いつから始まった?

2024年4月12日から持ち込みが始まったみたいですので、

早ければ 8月のお盆以降 に6.6号機が登場予定!!

スポンサーリンク

まとめ

メダル機(S機)の有利区間が4000ゲームから6000ゲームへ変更になります。 

 

最近は、スマスロ機の販売が大半を占め、

メダル機の販売は減少の一途になっていますので

6.6号機になれば少なからずメダル機の販売が増える可能性があります。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました